Mow's Factory

アクセスカウンタ

zoom RSS FS52Sのカリカリ音その後

<<   作成日時 : 2007/04/02 00:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 飛行後クランクするとカリカリするFS52、今日は飛行場で確認です。前回のエンストの原因がカリカリ音と関係してたのでしょうか?
 先日の分解でとりあえず異音が消えたFS52ですが、1フライト目はいつものとおりにニードル調整して回転は9000回転。引きはまあまあ良いようですがやはり5分ほどでエンスト・・・。
 2フライト目は負荷が大きいのかと思い、ピッチの浅いペラを装着。ニードル甘めで回転は10000回転です。が、引きはイマイチ。上昇力が全然ありません。これでは話にならないのですが、とりあえずエンストすることなく着陸です。
 3フライト目はペラを戻し、9000回転でニードル甘めにセットして見ましたが、パワー無し。でもエンストも無し。異音もしません。クラブの先輩にバルブのクリアランス調整をしてもらい、さらにニードル調整をお願いして10000回転を確認して4フライト目です。
 今回は不満は残るモノの引きも良く、またエンストせずパターン練習が出来ました。しかし着陸してエンジンをクランクするとカリカリ音発生です。バルブの上下に合わせて発生するので、やはりカムシャフトとカムフォロア当たりが原因だと思うんですが・・・。
 クラブの皆さんに聞いても「こんなん聞いたこと無い音だよ」とのこと。長年の経験者でも初めて聞く音のようです。
 雨も降り出して、今日は撤収です。それにしてもエンジンが不安定な飛行機は飛ばしていて楽しくありませんねー。
 帰宅後またまたエンジン分解です。今回はついでに吸排気バルブまでばらし、こびりついた汚れを落としました。でも70フライトすると汚れるモンなんですねー(特に排気バルブ)。
 カム部分は二硫化モリブデングリスを塗りまたまた様子を見ることにします。
二硫化モリブテンは以前会社で固体潤滑剤として極圧部の潤滑に使ったこともあり、ひょっとしたら改善するかもしてません。でもグローエンジンに塗ってしまって良かったかしら?結果はまた次回と言うことで・・・。




直陸しては

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS52Sのカリカリ音その後 Mow's Factory/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる