Mow's Factory

アクセスカウンタ

zoom RSS サーパス製作記A

<<   作成日時 : 2006/08/15 22:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

暑くて製作意欲が無くなり、放置していたサーパスの製作再開です。
説明書によると過激なスタント飛行をするときには各部補強を適宜行うこと・・・。と言うことで、主翼接合部をクロスとポリ樹脂で補強することにしました。
補強は胴体との接合面までフィルムを剥がしたほうが強度が上がるとクラブの先輩から聞いてはいたのですが、補強後の再被覆がめんどくさかったので、まずは主翼下面中央部に施すことにしました。しかし、フィルムを剥がすと薄いものですがしっかりクロスが張ってありました!これなら補強しなくても大丈夫だったかも知れませんね・・・。でも主翼下面はロングマフラーを使う場合は結構熱を持ちそうなのでしっかり補強することにします。
画像

 ポリ樹脂塗布は健康を考えて、はじめて防毒マスクを着用してみました。息苦しいかな?と思いましたが、思いの外呼吸は楽で、当然ですけど匂いも感じません。結構快適に作業が進みます。ポリ樹脂塗布は15分ほどで完了、余った樹脂は先日加工したエンジンマウント部分に塗りました。
 続いて、エルロン部分の組立にかかったのですが、問題発生です。
エルロンホーン基部にベニアが埋め込まれてるのですが左右対称ではありませんでした。
右翼はサーボ取り付け穴に対して胴体側、左翼は穴に対して翼端側に付いてます。つまりロッドの位置が右翼は胴体側、左翼は翼端側です。今まで胴体側にロッドリンゲージをした機体を見たことがないし、左右で違うのも見たこと無し・・・。よく見ると右エルロン上面側にはちゃんとベニアが翼端側にオフセットされていました。左右エルロンを同じように作って組み合わせてセットにしているような感じです。このまま作ってしまおうかとも思うのですが、なんか飛行特性に影響するかなぁ・・・・・。写真は右翼下面で右側が胴体側です。胴体側にベニアが有るのがよく見ると解ります・・・。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サーパス製作記A Mow's Factory/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる